生活しやすい工夫をしよう

握手

発達障害の人は、小さい時からコミュニケーションや対人関係の問題で、生活がしにくいと感じている事が多いです。先天性の障害なので、完治することはありませんが、食事療法で症状を暖和することは可能です。生活の中で、工夫しながら生活しやすい環境を作りましょう。

正しい知識を身に付けよう

女性

判断が難しい発達障害であるグレーゾーンの子供は、親の躾がなっていないと誤解を受けがちです。また、グレーゾーンの子供は知的遅れがないため発見が難しくもあります。少しでもおかしいと思ったら、専門医を受診し検査をすることで、正しい知識を得、正しい子育てをすることが出来るようになるでしょう。

障害をサポートする

障害の特性を理解

女性

発達障害は専門医療機関において、幾つかのタイプに分類されていますが、注意欠如・多動性・学習障害などを含む症状が現れるのも特徴の1つです。発達障害は生まれつきであるケースも非常に多く、脳の一部の機能にダメージが現れることで健全者と異なる欠点が生じています。また、同じ障害を持つ者同士でも、個人差が極めて大きいという点も特徴の1つです。先天的なハンディキャップとなるかどうか、支援の工夫次第で変化させることは可能です。家庭や教育環境だけに留まらず、治療を進める医療機関など、様々な外的要因に影響を受けながら成長するため、障害の特性を理解することは重要となります。この工夫次第で、障害を持つ本人の安心感に繋がり、特性を伝ることで支援の輪を広げられます。こうした広がりが実を結び、対人技能訓練を提案するセンターが増え、地域の発達障害者を支援するセンターにおいては、それぞれの特性を対象にしたグループ活動などを展開したり、社会での自立までを後押しすることが幼少期から可能となります。

育て方やテスト診断

発達障害は、脳機能の障害が原因であるため、自閉症の患者を例に取り上げた場合、知的障害を伴う場合も挙げられます。知的と発達、異なる症状の診断も素人では難しいため、障害テストによる測定が医療機関から提案されています。知的障害も発達障害に分類されており、成人になった際の社会生活を考慮する力も障害を持つ本人にとって必要となるため、社会的行動力となる適応能力までが診断結果に反映されます。大きなカテゴリーで見た場合、コミュニケーション能力など、発達障害と知的障害は類似している症状も多く、タイプの違いを比較したい親向けに医療機関で提案されています。また、発達障害の治療にペアレントトレーニングを導入する方向性も注目されていて、発達障害児を持つ親向けとなる育て方を指導できる内容です。この結果、適切な接し方によって、障害の症状の改善や困難な場面に陥るケースなど、問題点の軽減に繋げられる利点が挙げられていますし、健常児の子育てとの違いで悩む不安解消に繋げられる内容です。

脳の発達の障害

病院

発達障害とは、生まれつき脳の発達が特殊なだけで、病気ではありません。発達障害のタイプとして自閉症、アスペルガー症候群、多動性障害、学習障害が挙げられます。発達障害の症状は個人差が非常に大きく出る為、個人個人に適した治療、工夫した教育法が重要とされています。

脳の成長障害

女性

発達障害には広汎性発達障害や注意欠陥多動性障害などがあります。広汎性発達障害は周囲のヒトとの意思疎通が難しい病気で、自閉症やアスペルガー症候群などが含まれます。これらの病気の治療は、精神科医・心療内科医が両親・言語療法士や特別支援教育をおこなう学校と共同することによっておこなわれます。

子供の成長を見つめながら

看護師

近年耳にするようになった発達障害は、症状を緩和することが出来ます。普段の生活で子供の言動や行動をしっかりと確認して、少しでも変化を感じることがあれば専門医に相談しましょう。親の適切な判断と、治療によって子供がより良い生活を送れることにつながります。