生活しやすい工夫をしよう

障害の特徴

握手

発達障害は、脳の機能がうまく働かないことによる生まれつきの障害です。完治することはできない障害ですが、対処の仕方で症状を暖和することはできます。精神障害や知能障害が伴なうことがあります。主に、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害に分けられます。対人関係やコミュニケーションを取るのが苦手なことが特徴です。こだわりが強く、一つのことに集中してしまったり、偏食なども多いです。小さい時から、周りの人には変わった人、難しい人、自分勝手で困った人などと思われていることが少なくありません。発達障害もさまざまな症状がありますが、年齢や環境などにより症状は違ってきます。発達障害の人は、対人関係やコミュニケーションの問題などから、生活しにくいと感じていることが多いです。早目の対処で、障害が軽減され生活しやすくなることがありますが、なにも対処しないままで放置すると、生活のしにくさから悪影響を起こして二次障害などの症状が出てきます。二次障害には、うつ病や不登校、ひきこもりなどを起こしてしまいます。

食事療法で工夫しよう

発達障害は先天的な障害で、完治することはありませんが、食事療法で症状を暖和することができます。近年は、発達障害の人が増えているといわれていますが、現代の食事により症状が悪化し、病院を受診する人が増えているからではないでしょうか。食事療法により、発達障害特有の生活のしにくさを改善させましょう。現代の食事では、知らず知らずのうちに、有害化学物質を口に入れています。小麦に含まれるグルテンや乳製品に含まれるカゼインなどは、できるだけ減らしましょう。食品添加物もほとんどの食品に使われています。食品の味を美味しくさせる為に、食品添加物が含まれているので要注意です。糖分も摂りすぎには注意してください。白砂糖は、中毒性があるといわれています。砂糖も、てんさい糖やきび砂糖に変えるなどの工夫が大切です。発達障害の人は偏食が多いので、腸内環境が悪い人が多いです。腸内を健康に保つために、野菜ジュースを飲んだり、サプリメントを摂ったりすることも必要です。青魚に多く含まれるDHAの成分は、脳の働きに良いとされていますので、特にサプリメントなどで摂取することをおすすめします。