子供の成長を見つめながら

子供の発達を知る

看護師

近年、発達障害という言葉が知られるようになってきました。発達障害には学習障害、多動性障害、汎用性発達障害の主な3つの分類があります。学習障害は、年齢の低い時よりも小学校になって学習の時間が増えてくると周囲が気づく場合が多いです。コミュニケーション能力には問題がありませんが、文字の読み書きや計算が出来ない状態にあります。多動性障害とは、落ち着きが無く、衝動的に行動してしまいます。決まりを守れなかったり、忘れ物が多くなったり、座らずに立って歩くといったことが目立ちます。汎用性発達障害とは、言葉の遅れがある高機能自閉症と言葉の遅れがない自閉症であるアスペルガー症候群を指します。相手の気持ちを考えたり、コミュニケーションをとるのが苦手ですが、自分の関心がある分野には熱心になることが主な特徴です。発達障害は、分かりづらいこともあり、周りから理解されにくい傾向がありますが、親のしつけや育て方に問題があるのではなく、生まれつきの脳機能の障害とされています。

子供と向き合う

子供の変化を感じたら、普段の生活の中での行動などをしっかり確認し、かかりつけの小児科にまず相談してみましょう。詳しい診断を必要とする場合は、そこから専門機関の紹介があります。発達障害には適切な治療が必要です。治療によって、発達障害は改善します。また悩んでしまいがちな親も、より子供と向き合うことができ、今後の育児への解決につながります。子供自身も、自分の行動を理解し、少しずつコントロールする訓練が出来るようになると、人との関わりが上手になり、充実した生活を送れるようになります。また治療と平行して、普段の生活での子供との関わりを見直すことも重要です。子供の集中力を保つために、常に整頓された室内作りを心がけましょう。丁寧に順序立てて、物事を伝えると、より子供の理解へとつながります。子供が良い行動をとることが出来たら、それを見逃さずにすぐにたくさんほめてあげることも大切です。もし注意したい場面に遭遇したら、落ち着いて静かな声で指摘してあげましょう。